今まで太い血管である静脈や動脈は私たちのカラダに重要な役割をしていることは、ほとんどの人が知っている事だと思いますが、細い毛細血管が重要な働きをしている事を知っている人は少ないのではないでしょうか?

ですが、この数字を聞いたら毛細血管がどれだけ私たちのカラダに重要なのかわかります。

全身の99%が毛細血管!

なんと全身の血管の99%が毛細血管なんだそうです。重要な血管と言われている静脈や動脈はたったの1%なんですよ。しかも、大切な臓器も毛細血管で覆われているのです。

毛細血管はとても細く動脈の1000分の1以下と言われていて0,0005mm。これまでは、そんな毛細血管の中まで見ることが出来なかったので毛細血管の働きは謎に包まれていました。

ところが、ある日本人が開発した最新の技術によって顕微鏡でからだの中の血管の中の1つ1つの細胞を撮影することが可能になり、毛細血管の驚くべく重要な働きが明らかになってきたのです。

顕微鏡での撮影は特殊な光を使って撮影します。すると動脈はもちろんですが毛細血管の中までも酸素を運ぶ赤血球がしっかり映し出されます。さらに、毛細血管は、身体の隅々まで酸素を届けるために成長していることが分かったのです。

毛細血管は加齢によりゴースト化してしまう!

ところが、毛細血管の量は加齢とともに減少し、50代になると毛細血管がゴースト化してしまい60代になると20代の時の4割位減少してしまうそうです。それも、特に一番外側のお肌は影響を受けやすくシミやシワなどの原因はこの毛細血管の減少も深く関係しているそうです。

シミやシワが目立たない、若々しいお肌を維持するためには、この毛細血管のゴースト化を止めなければならないのです。

さらに、影響があるのはお肌だけではありません。先ほど臓器も毛細血管で覆われていると説明しました。つまり臓器の毛細血管が減ることで、健康への悪い影響もあると考えられるのです。

ゴースト化とは? 
ゴースト化とは、血液がほとんど流れていない消えかかっている毛細血管。最悪は血管自体もなくなってしまう。

ゴースト化してしまう原因

毛細血管は、一つ一つの細胞が数珠つなぎのように連なって出来ていて、その周りを壁細胞が毛細血管を守るように覆いかぶさっています。正常な毛細血管は、周りの細胞に酸素や栄養を与えるために、適度に血液がポタポタと漏れるようにできているのです。

ですが、毛細血管を守るように覆いかぶさっていた壁細胞が何らかの理由で剥がれると、毛細血管に流れていた血液がジャブジャブと沢山流れ出てしまう事になるのです。その結果、血液が無くなり、その先の血管に行かなくなってしまうのです。

壁細胞はなぜ剥がれてしまうのか?

加齢によっての細胞の寿命も考えられますが、血液の中の成分である血糖やコレステロールの上昇が血管の細胞にダメージを与えて壁細胞が剥がれ、血管の構造が弱まり隙間から血液が沢山漏れるようになってしまうと考えられています。

■顔がむくんだら注意!
分かりやすく顔で例えると、毛細血管が衰えてきているか自分で分かる自覚症状のサインはむくみだそうです。これは、皮膚の下の毛細血管でもれが起こると水分が溜り顔がむくんでくるそうです。それがやがてタルミになってしまうそうです。

しかし、このムクミの症状は顔だけではありません。足や手足、肺などの内臓も同じことが起こっているそうです。特に肺は漏れやすいと言われていて、それが原因で喘息が発病したり、糖尿病で血糖値が高いと網膜の毛細血管の漏れが原因で網膜剥離を発症してしまう可能性があるそうです。さらに脳にある毛細血管か漏れることで神経細胞がダメージを受けて認知症やアルツハイマーを発症してしまうと考えられています。

ですが、わたしたちのカrダには、毛細血管を復活させようとする力が備わっているそうです。それを上手に活用して毛細血管をどんどん増やすことは可能なんだそうです。それを新たに毛細血管を伸ばす血管新生と言います。

毛細血管を伸ばす血管新生の方法

血流が良いと、漏れていた原因である隙間が無くなって血液がもれなくなります。これは細胞の特徴で、血液の流れを認識すると細部同士がくっつくように働く性質をもっているんだそうです。第二の心臓である、ふくらはぎを刺激することで下半身に溜まった血流の流れを良くし、全身の血液の流れがアップします。

■その場で、ふくらはぎに刺激を与える運動その場スキップ!
手と足をしっかり上げて、その場でスキップ20回をセットに、1日に朝・昼・夜の3回行ってみましょう。

■かかとの上げ下げも効果あり!
1回20~30回を目安に朝・昼・晩に分けて行いましょう。




スポンサーリンク



スポンサーリンク