年齢と共に顔の筋肉が衰えて下へ下へと落ちているよう感じますよね。ですが、この顔の皮膚の衰えは筋肉が低下していだけではなく、頭蓋骨が萎縮しているのも原因なんだそうです。

つまり「頭蓋骨の老化」とも関係していると、アメリカの美容医療に関する医学雑誌”PlasticandReconstructiveSurgeryJounal”2011年1月号に掲載されたそうです。

なぜ、頭蓋骨の老化がシワやタルミの原因なのか?

この研究は白人の男女120人を対象に行ったもので、20~40歳の若者、41~64歳の中年、65歳以上の老人に分けて、頭蓋骨や顔の骨が年齢とともにどのように変化していくかを調べたもので、女性ホルモンの減少やカルシウム不足、さらに加齢による骨の新陳代謝の低下などによって頭蓋骨も老化していることが分かったそうです。

人間は年をとると、体の骨が縮まってしまいますが、頭蓋骨も例外ではありません。加齢とともに頭蓋骨も小さくなるので、顔の皮膚を支えていた土台が小さくなりなります。すると皮膚が余ってしまいます。それがシワやタルミとなってしまいます。

特に、頬骨、下あごの骨は萎縮で細く短くなりやすく、口の周りの皮膚がたるんでシワとなってしまうそうです。さらに、目の穴の部分の骨も萎縮されるので穴が大きくなり、目がくぼみ目の周囲の皮膚がたるんでしまうのです。

その骨の萎縮がはじまるのは、女性ホルモンが関係しているので女性の方が早く、更年期が始まる40代以降から萎縮がはじまり、男性の場合は、骨の量が減る60代以降からはじまるそうです。

しかも、加齢による骨の萎縮は止める事が出来ないとのこと。知りませんでしたよね。てっきり、シワの原因は加齢や紫外線の影響による皮膚のコラーゲン不足や顔の筋力の低下が原因だと思っていました。

骨老化の対策方法はあるのか?

その対策ですが、表情筋を鍛えると良いそうです。それには笑顔を作るトレーニングが効果的なんだそうです。ガムを噛んだり硬い物を食べるのもおススメ!

その他にも適度な運動とバランスの良い食事を心がけましょう。特にカルシウムとビタミンDを摂ることを意識しましょう。

さらに、インスタント食品はなるべく食べないように避けましょう。骨を溶かすリン酸塩が多く含まれているそうです。

また、太ってしまうと皮膚が伸びるので、体重の増減もシワやたるみの原因になります。なるべく同じ体重を一生キープするのが予防につながります。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

3