ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

美白成分として人気の高いビタミンC誘導体は、ビタミンCではないのか?
そんな、疑問を感じた人もいるのではないかとおもいます。

ビタミンCは強力な抗酸化作用やメラニン生成を抑制しシミ対策や
老化予防やニキビの炎症を抑えるのにも有効だと言うことは、知られております。

ところが、ビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすく、また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、
お肌には浸透しにくいのが欠点だったのです。

その欠点を改良しビタミンCがお肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は肌の奥に浸透すると、皮膚にある酵素の働きによってビタミンCへと変わる性質になっています。
ビタミンC誘導体は安定性もよく、お肌への刺激が少ないので安心して使える成分のため多くの化粧品に使用されています。

肌の奥に浸透したビタミンC誘導体の効果

お肌に浸透したビタミンC誘導体は、酵素反応によりビタミンCとなり、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑制する働きをしてくれます。

肌老化の原因シミは、紫外線や女性ホルモンなどで活性化するチロシナーゼ酵素によっておこります。
ビタミンCは、そのチロシナーゼ酵素の生成を抑制する働きがあり、メラニン色素をブロックし、シミを作らないように働きかけます。

また、美白だけではなく、ハリや弾力のあるお肌に欠かせない成分がコラーゲンです。
このコラーゲンも年齢とともに減少することが分かっていますが、そのコラーゲンを作っているのが良質アミノ酸です。ですがその際に大切な成分がビタミンCです。
お肌のハリを保つコラーゲンを増やすときにもビタミンCは重要な役割があるのです。

また、ニキビケアにもビタミンCが良いといわれています。
私も経験がありますが、ニキビの初期段階でビタミンC誘導体の化粧水をたっぷり塗って睡眠すると、なせか翌朝治まっています。
これは、ビタミンCに抗炎症作用と、皮脂分泌抑制作用があることでよくなるといわれており、毛穴も引き締まるそうです。

近年非常に多くの注目を集めているビタミンC誘導体ですが、種類があるのをごぞんじですか?
次はその種類についてお伝えします。

ビタミンC誘導体の種類について

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は即効性です。
ビタミンCと比べて8倍の浸透率で浸透すると言われています。

化粧品でも水溶性ビタミンC誘導体が一番多く使用されています。
主に、化粧水や美容液などに配合されています。

ビタミンC誘導体の種類に、リン酸アスコビルマグネシウム(APM)とリン酸アスコビルナトリウム(APS)がありますが紫外線に弱いという弱点があります。

脂溶性ビタミンC誘導体

その水溶性のビタミンCに油分を配合したのが脂溶性ビタミンC誘導体です。
クリームやジェルタイプでも使えるようにしたもので、水溶性より持続性も高いのが特徴です。

新型ビタミンC誘導体

近年話題の新型ビタミンC誘導体です。
水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体の良性質を併せ持っているため
抜群の浸透率と即効性があります。
現在は、安全性にも配慮されており、これからますます新型ビタミンC誘導体配合の化粧品が増えると思われます。




スポンサーリンク



スポンサーリンク