最近、昔から飲まれてきた甘酒に様々な効果があることで注目が集まっています。代謝が良くなる働きがあり健康やダイエットにはもってこいの飲み物。という事は当然美肌にも甘酒が期待できるのでは・・・。

こんなデータがあるそうです。東京工科大学と大手メーカーの共同研究で、40才~60才の女性17人を対象に1か月間、毎日朝晩の2回甘酒を飲んでもらう調査したら、なんと!クマの黒いのが薄くなって明るくなったという言う結果になったそうです。

これは、クマの原因は血液の流れが悪いのが主な原因なので、甘酒を飲むことで血流が良くなりクマが薄くなったと考えられるそうです。

甘酒には、酵素やアミノ酸、ビタミンが豊富に含まれています。昔は飲む点滴ともいわれていたそうですが、この甘酒のどの成分が効果があったのか現在は研究中なんだそうです。血流が良くなるので冷え性の方はなど気になる方はコツコツとの飲んでみるのもいいかもしれません。

さらに、甘酒が腸内環境を整えてくれニキビなどの肌荒れ予防の効果にも注目されています。腸内環境にすんでいる善玉菌や悪玉菌は、その割合が重要で、善玉菌が2に対して悪玉菌が1が理想のバランスと言われています。

悪玉菌が増えると活性酸素が増えてしまい、肌のシミやニキビの原因になってしまいます。善玉菌を増やせば、活性酸素が減少するので肌も良くなるということなんですが、そこで、抗酸化物質が豊富なイソフラボンを甘酒と一緒に摂ることで活性酸素をやっつける働きをさらにパワーアップする事が出来るそうです。

甘酒と豆乳を1対1の割合で混ぜて飲めば効果的なんだそうですが、お好みの割合でもOKだそうです。さらに豆乳には肌の細胞を修復して再生してくれるビタミンBが豊富に含まれているので期待大です。

その他に、抹茶やきな粉も食物繊維が豊富に含まれているのでおすすめです。




スポンサーリンク



スポンサーリンク