紫外線対策に、日焼け止めクリームなどつけてシミ対策されている方も多いかと思いますが、肌のケアはお肌の外側だけでは十分とは言えません。体の中からもケアすることで紫外線からお肌を守りましょう。

ですが、肌に良い食材だとわかっていても、毎日食べることは意識していても大変なことで負担になってしまうことがあります。そこで、お肌に有効な食材を毎日手軽に摂れる方法があるのです。それが調味料です!

調味料ならいろんなな料理にかけて食べることで毎日大切な栄養素を効率よく摂取することができます。さらにいろんな料理に使えるので飽きません。TV番組【バイキン】で紹介していた3種類の最強調味料をご紹介します。

紫外線対策にトマト味噌

トマトと言えば、赤い色素の成分リコピンが豊富に含まれています。リコピンは健康効果だけではなく美肌効果も期待されている成分なんですよ。

シミやシワの原因はいろいろありますが、お肌が紫外線をうけて発生する活性酸素は肌ダメージの最大の原因です。リコピンは高い抗酸化力をもっています。紫外線の影響である活性酸素を除去してお肌を守る働きをしてくれます。

そういえば、私の周りにいるお肌がきれいな人に、好きな食べ物を聞くと、ほとんどの人がトマトが含まれていました!これって偶然なのかな。。。

また、味噌にはシミをつくってしまう原因であるメラニン色素を阻害する働きが期待されているリノール酸が含まれています。この二つの素材を使った調味料なら最強の紫外線対策に!

トマト味噌の作り方

【トマト味噌の材料】

  • トマトケチャップ (大さじ2)
  • 味噌 (大さじ1)
  • この2つの材料をしっかり混ぜ合わせたら完成!
  • 基本的には味噌を使う料理に、このトマト味噌に変えて使うと美味しくいただけます。例えば、みそ汁、回鍋肉など。またリコピンは熱を加えることでパワーがアップします。加熱して使うのがおすすめです。そこで、そうめん炒めを紹介します。

    ソーメンちゃんプルの作り方

    【ソーメンちゃんプル材料】
    ・そうめん 2束
    ・豚ロース肉 80g
    ・アスパラガス 4本
    ・卵 2個
    ・オリーブオイル 小さじ4

    (1)アスパラを1cm位で斜めに切ります。
    (2)豚肉も1cm位の食べやすい大きさに切ります
    (3)フライパンにオリーブオイルを入れて、中火で豚肉から炒めます。
    (4)豚肉の色が変わってきたらアスパラガスを入れます。
    (5)しんなりしてきたらそこにトマト味噌を加えて良く混ぜます。
    (6)そこに、茹でておいたそうめんと、スクランブルエックを入れて混ぜたら完成です。

    肌のくすみやハリに効果的なシナモンソルト

    シナモンに含まれるシンナムアルデヒトは毛細血管を修復する効果が期待されています。毛細血管が活性化すると栄養や酸素がお肌に行きわたることでお肌の細胞が蘇ります。
    【材料】
    ・シナモン
    ・塩
    ・シナモン1に対して、塩を2入れて混ぜ合わせる。これで完成!

    夏の肌荒れにゴーヤ酢ソース

    ゴーヤの皮ではなくワタの部分を使います。ワタは苦いので多くの人が捨てていたかと思いますが、実はワタの部分の方がビタミンCが豊富に含まれており、皮の部分の3倍あると言われています。
    ゴーヤに多く含まれているビタミンCはは高い抗酸化作用があり、メラニン生成を防ぐ働きをしてくれます。ビタミンCは熱に弱いと言われている成分ですが、実はゴーヤにはデンプンが含まれていて熱に弱いビタミンCを守ってくれます。
    その他に、ゴーヤにはお肌を保護してくれる働きがあるビタミンBも含まれています。また、お酢を使うことで、疲労回復に良いと言われるクエン酸やアミノ酸も摂取することができます。
    【材料】
    ・ゴーヤーのわた
    ・おいすたーソース(小さじ2)
    ・すし酢 (50ml)

    【作り方】
    (1)ゴーヤを半分に切ってワタをスプーンで取り除きます
    (2)そのワタを種を取ってミジン切りにします。
    (3)オイスターソースとすし酢を入れて混ぜたら完成。冷蔵庫で1週間保存できます

    ゴーヤ酢ソースは豚肉と鶏肉を使った炒めものなどがおすすめです。豚肉や鶏肉にはコラーゲンが含まれています。このコラーゲンを効率良く摂取する方法がビタミンCと一緒に摂る事なんですね。




    スポンサーリンク



    スポンサーリンク