近年良く聞くようになった「水素」。水素は、老化の最大の原因だと言われている活性酸素を取り除く働きをしてくれることで注目が集まり特に水素水や水素生成器は大人気です。ここでは、活性酸素が体内で作られてしまう原因と水素が注目されるようになった理由をまとめています。

活性酸素とは?

まずは、活性酸素が体内で作られてしまう原因についてです。

私たちは酸素を吸って生きています。私たちが生きるためには酸素は一番必要なものです。しかし、この酸素が体内に入り「活性酸素」という物質に変身し、私達の体をサビさせてしまい老化を早めたり、病気の真犯人ではないかと考えられているのです。

体内に取り込まれた酸素は赤血球により細胞へと運ばれます。そして、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。その際に消費された酸素の2%が活性酸素となってしまうのです。

そのほかにも、公害や紫外線、食品添加物やタバコなども活性酸素の発生の原因になり、ストレスも活性酸素を発生させる原因となってしまいます。

老化現象としては、運動機能や内臓の機能の低下、物忘れなどの記憶力の衰え、視力の低下や白内障、皮膚のしわやしみなど、さらには、血管の内側の壁面が硬くなる動脈硬化や糖尿病やがんなどの生活習慣病の発生にも、活性酸素が深く関わっていることが分かってきているそうです。この活性酸素は、私たちが生きている限り発生してしまいます。

大量に活性酸素を発生させるもの

  • ・激しい運動をした時
  • ・細菌やウイルスに感染した時
  • ・強いストレスを感じているとき
  • ・紫外線や排気ガスなどの大気汚染
  • ・食品には入っている添加物
  • ・喫煙や飲酒
  • などです。

    水素が注目さされるようになった理由

    老化や病気の原因となっている「活性酸素」を除去することが若さや健康を保つことに繋がりますが、そこで近年、活性酸素を除去する成分として注目を浴びているのが「水素」です。

    水素の研究を行っているのが、日本医科大学老人病研究所の太田成男教授です。太田教授は、水素が細胞内の活性酸素を除去する働きを動物実験により突き止めました。

    その研究の結果は、細胞を傷つけやすいと言われている「ヒドロキシルラジカル」という種類の活性酸素が、ごくわずかの水素でおよそ60%除去されることがわかったのです。この、大田教授の研究結果が発表され水素が注目を浴びるようになったのです




    スポンサーリンク



    スポンサーリンク